Coper


One for all
by coperfeels
フォロー中のブログ
Grass*Hopper
日々淡々   
リンク
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:やってみよう( 4 )


やってみよう #4

「100の指令」より

=======================
#4 色の名前を考えよう
=======================

しの色。

自然の淡いひかりの色。

=======================
#5 形の名前を考えよう
=======================

ゆら形。

浴衣を着た人のシルエット。

=======================
#25 虫が言葉を喋れたら
    なんて言うか想像してみよう
=======================



あれ,こっちだったかな。

=======================
#33 外に出て,何種類の音が
    聞こえるか数えてみよう
=======================

4種類。

鳥のさえずり
水が流れる音
飛行機が飛ぶ音
車が走る音
[PR]

by coperfeels | 2009-10-11 22:01 | やってみよう

やってみよう #3

「暮らしの哲学 やったら楽しい101題」より

=======================
#21 1000まで数える
=======================

はい,やってみました。
最高速で数えて,14分15秒かかりました。

1~100まではかなりのスピードで数えられるんだけれど,
101以降,言いにくくなってスピードダウンします。
でも200台になったら,慣れもあってか,少しスピードアップします。

たまに,雑念がよぎります。
すると,スピードダウンし,数を一個飛ばしてしまったのではないかという,
不安な気持ちになります。
雑念をなくそうと決意しても,そこから10数える間に,別の雑念が浮かんできます。
でも,粛々と数を数えます。

555や,777など,ぞろ目の数が来ると,
「よしっ」と思います。

860~870までの間の数がいちばん言いにくかったです。
「はっぴゃくろくじゅう…」ってのが,言いにくい。

900台に入ると,気持ちが一気に高まってきます。
勝利を目前に,期待が確信に変わるとき。
990台になると,いっきに駆け上がります。
グラスに注がれる水が,あふれんばかりに。

1000まで数え終わると,
当初の予想通り,ある程度の達成感を得られました。

俺は,1000まで数えたことのある人間なんだ,という,
よくわからない達成感。
[PR]

by coperfeels | 2009-09-20 12:09 | やってみよう

やってみよう #2

「暮らしの哲学 やったら楽しい101題」より

=======================
#19 身の上話をいくつもでっち上げる
=======================

ええと,僕は今,会社員として働いてるんだけれども,
副業もやっています。
ピザの宅配アルバイトです。
自分が暮らしている町と,その隣町と,
二つのエリアの宅配を任されています。
ちょうど同い年の男性が一緒に働いていて,
彼は弁護士をやりながら,ピザの宅配をやっています。
理由を聞いたら,「ピザが好きだから」だって。
僕も理由を聞かれたんだけれど,「それは言えない」って答えちゃった。

意気投合した僕らは,
去年の夏,友達を誘って伊豆まで旅行に行ったよ。
全員で8人だったかな。
横浜駅にみんな集まったんだけど,びっくり。
メンバーの中に,僕の地元のおさななじみがいたんだから。
彼女は昔から男勝りな性格で,
子どもの頃,冒険に出かけたときも,彼女が勇者で僕が僧侶の役回りだった。
最近どうしてるのって訊いたら,
佐渡島の窯元で,陶芸の修行をしてるって言うから,またびっくり。
外見はキャリアウーマンのような雰囲気だったからね。

弁護士の彼とは,よく行くスノーボードで知り合ったらしい。
「彼の滑りは最高。今度一緒に行こうよ」って誘われたんだけど,
「滑れるから,いいや」って断っちゃった。
…なんでだろ。

伊豆はとってもいいところだったよ。
弁護士の友達が料理人をやってるんだけれど,
その料理人のつながりで,高級な旅館を予約してくれていたんだ。
和室から一望できる伊豆の海は最高に綺麗だったなぁ。

旅館の仲居さんがね,これもびっくりなんだけど,
僕の知り合いだった。
学生時代,サウジアラビアに旅行したとき,
添乗員として付き添ってくれた,マカオ出身のおばさん。
もう,めちゃくちゃなつかしくて,うれしくて,
抱き合ったあとにいっぱい話したよ。

おばさんは,息子さんが日本で医師免許を取得して開業したのをきっかけに,
永住権を取得したんだって。
僕も自分の身の上話をあれこれ話したよ。

夜は,みんなで夏の海に出かけて,花火をした。
手持ち花火で,ささやかに楽しんでいたら,
「おいおい,お前ら,そんなみみっちいのでいいのかい!?」って,
地元の花火師のお兄さんがやってきて,
どでかい打ち上げ花火を上げてくれたんだ!
まだ修行の身だけれど,僕らが遊んでいるのを見ていたらいてもたってもいられなくて,
思い出に残るようは花火を上げてやろうと思ったんだって!
めっちゃ粋なお兄さんだったよ。

そんなこんなで,
最高の夏だったんだけれど,
あ…,もう,ピザの宅配に行かなくちゃ!


はい,こんな感じでどうでしょう。


これ,やり続けたらきりがないね。
そして,あまり長々とやり続けていると,
だんだんむなしい気持ちになってくることに気づきました。
身がないからね。
今,身のある話をモーレツにしたい気分です。
[PR]

by coperfeels | 2009-09-20 11:34 | やってみよう

やってみよう #1

2冊の楽しい本に出会いました。

・「暮らしの哲学 やったら楽しい101題」
・「100の指令」

どちらの本も,「ふだんやらないことをやってみよう」をテーマにしています。

まずは,「暮らしの哲学 やったら楽しい101題」から,

簡単にやれそうなものをピックアップしていきます。

==================
#7 音声を消してテレビを見る
==================

はい,やってみました。

休日の午後,

部屋の電気を消して,

ベッドに寝転んで,

音の無いテレビを見ました。



なんか,映画の中にいる気分になりました。

非現実的な,音の無いテレビ。

「タクシードライバー」のデ・ニーロみたいな気分。

みなさんも,やってみてください。

デ・ニーロになれますよ。


さて,次回は,「#19 身の上話をいくつもでっち上げる」です。

お楽しみに。
[PR]

by coperfeels | 2009-09-14 23:38 | やってみよう