Coper


One for all
by coperfeels
フォロー中のブログ
Grass*Hopper
日々淡々   
リンク
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:石垣島旅行( 6 )


Summer Trip DAY 5 - Ishigaki -

石垣島旅行の最終日。

この日はもう,お土産を買って帰るだけでございます。

僕は「みんさー織り」が好きなので,みんさー工芸館に行きました。

藍染めの糸が,陽の光を浴びています。

a0100913_12163992.jpg


みんさーの模様には,「いつの世までも末永く…」という祈りが込められているそうです。

その後,商店街をぶらぶら。

お土産を買って,お昼ごはんを食べて,レンタカーを返して,石垣空港へ。

羽田に向かう飛行機の中で,綺麗な海に浮かぶ島々を眺めながら,

楽しい5日間の旅をあれこれと思い返していたのでした。
[PR]

by coperfeels | 2010-08-14 12:24 | 石垣島旅行

Summer Trip DAY 4 - Taketomi -

朝から気持ちの良い青空。

a0100913_1125363.jpg


バイキング形式で朝食をいただいた後は,竹富島へGO!!

石垣港から船で10分ほどのところに浮かぶ竹富島は,

サンゴが隆起してできた島で,島の道が全部白いのもそのため。

昔,八重山諸島の中心地だったけれど,ある役人が石垣島の開拓を命じたことがきっかけとなって,

人々が石垣島に移り住むようになり,今では石垣島が中心地になったとのこと。

そんな話を水牛車に乗って聴きながら,集落を案内してもらいました。

a0100913_113163.jpg


そうそう,水牛は牛ではなく,どちらかというとカバに近い生態なのだそうです。

a0100913_11313292.jpg


僕らを乗せてくれたのは,「さんぴんちゃん」というおばあちゃん水牛で,

寄り道することも,休憩場所以外では休むことも無く,プロのはたらきを見せてくれたのでした。

ちなみに「さんぴん」とはジャスミンのことで,さんぴんちゃんはジャスミンちゃんということになります。

a0100913_11353059.jpg


水牛車を降りてさんぴんちゃんと記念撮影をした後は,

水色をした石垣島の塩アイスクリームと完熟の島バナナを食べて腹ごしらえ。

それからレンタサイクルで島巡りをしました。

はじめに向かったのは,石でできた,なごみの塔。

a0100913_11373088.jpg


定員2名。

柵の高さは腰ぐらいなので,ちょっとコワイ。

けれど,そこから眺める竹富島の集落や,海の向こうの八重山諸島の風景は,とても素晴らしいものでした。

a0100913_11405668.jpg


次に向かったのは,西桟橋。

ここ,最高でした!!

a0100913_1144844.jpg


穏やかな遠浅の海がどこまでも続いて,静かで,凪いでいる…

a0100913_11442678.jpg


まるで天国を思わせるようなところです。

a0100913_1145176.jpg


巨大な雲が,胸をワクワクさせます。

a0100913_11461683.jpg


どうして,こんな雲を見ると冒険心をかきたてられるのでしょうか。

a0100913_1147420.jpg


ノーリーズンでしょうか。

a0100913_1148156.jpg


桟橋から覗き込む海の中には…

a0100913_11483458.jpg


青い魚がいました。

a0100913_114848100.jpg


その次に向かったコンドイビーチは,やっぱり遠浅で,綺麗でした。

けれど今回は泳がず,そのまま皆治海岸に向かいました。

皆治海岸は,幸福をもたらす星の砂がある場所で有名ですが,

砂浜にしゃがみこんでしばらく探してみても,なかなか見つかりませんでした。

浜辺の木陰で休み,まったり過ごします。

a0100913_11553161.jpg


観光客を引き連れたガイドのお兄さんが砂浜にやってきて,ある場所で止まりました。

観光客は,そこにしゃがみこみ,砂につけた手のひらをじっと見て,

「あった~~!!」とはしゃいでいます。

どうやら,そこにあるようです。

あとでその場所に行って,彼らと同じことをしてみると,すぐに見つかりました。

星の砂は,原生生物である有孔虫の殻が堆積したものらしいです。

竹富島めぐりを終えて石垣島に戻ったあとは,

雨の2日目に行った川平湾と御神崎のリベンジ!!

晴れているときの風景を,なんとしても見なければなりません。

期待に胸をふくらませて行ってみると…

a0100913_1262284.jpg


光と水の風景がありました。

a0100913_1274968.jpg


途中で見つけたねこちゃん。

a0100913_12142376.jpg


御神崎の夕陽も綺麗。

a0100913_1295573.jpg


緑に映える白い灯台。

a0100913_12102482.jpg


これで,この旅で見たいところは,全部見ることができました。

満たされた気持ちで宿に戻り,最後の夜を過ごしました。
[PR]

by coperfeels | 2010-08-14 12:11 | 石垣島旅行

Summer Trip DAY 3 - Hateruma -

晴れ,晴れ,晴れ!!

待ちに待った,晴れの南国!!

朝食後,さっそくレンタサイクルでおでかけ。

11年ぶりの自転車の風が気持ちいい!

道の途中に見つけたバスケットコート。

a0100913_10472357.jpg


どこまでも続く道が冒険心をわしづかみにする!

a0100913_104895.jpg


やぎさんが,いる!

a0100913_10482815.jpg


そしてついに憧れの…

a0100913_10511740.jpg


ニシ浜へ!!!!

a0100913_1051498.jpg


ミルクブルーの海は心をキラキラさせて弾け飛ばさせてしまうほど綺麗!!!!

a0100913_10531441.jpg


わしゃもうしんぼうたまらん!!ってハイテンションになって,水着に着替えて飛び込む!!!!

a0100913_10551058.jpg


どこまでも続く遠浅の海,パノラマの水平線,その上に湧き立つ白い雲。

a0100913_1056259.jpg


海に浮かんで音の無い青空を見上げたり,浜辺に寝転がって遊んだり。

a0100913_10574345.jpg


思う存分楽しんだ後は,自転車をこいで昼ごはんを食べにいきました。

見つけたお店は,時が止まった場所のよう。

外は陽射しがジリジリと焼けるように強くて暑いのに,

開放的な店内は風がいろんなところから吹き抜けて心地良く,とても静か。

エスニックな服装で口数の少ない店員,かもめ食堂のような白さ,CD,水槽の金魚,南国の景色。

おいしい料理をいただいた後は,日本最南端の地に向かいました。

サトウキビ畑の間を抜け,何度も道に迷いながらたどり着いた海岸の高台には,

日本最南端の碑が。

岸壁に打ち寄せる海の向こうはもう,どこか異国の地。

吹き抜ける熱風。

この時僕は,照りつける太陽の熱と疲れにやられていて,屋根とベンチのある場所でしばし休憩。

潮と風だけの世界で,うつら,うつら。

回復して宿に戻り,送迎バスで港へ。

海が穏やかだったこともあって,帰りの船では酔うこともありませんでした。

それからこの旅行で最後の宿に着き,毎度のことながら沖縄料理と泡盛で乾杯したのでした。
[PR]

by coperfeels | 2010-08-14 11:22 | 石垣島旅行

Summer Trip DAY 2 - Ishigaki to Hateruma -

しとしと雨は,降りやまず。

朝食後ビーチの桟橋に出ると,遠くの海に雷が閃くのが見えます。

まさかこの5日間,ずっと雨なんてことはないだろうな…と思いながらも,

せっかく来たんだからいろいろ巡ろう!ってことで,チェックアウト後さっそくおでかけ。

まずは石垣島で一番の名所,川平湾へ。

ここは日本百景にも選ばれていて,海の透明度がとっても高く,

グラスボートの影が海底に映って見えるほど。

…晴れていれば。

景観は素晴らしいけれど,雨だとやっぱり精彩を欠く感じ。

雨脚が強くなり,岩の下で雨宿りをして,そこで見つけたちいさなヤドカリと遊んで。

a0100913_1032569.jpg


旅の途中,このちいさなお友達にはいろんなところで出会いました。

次に向かったのは御神崎。

どんどん激しさを増す雨を突っ切って到着した岬には,それでも観光客の車が数台停まっています。

a0100913_10125477.jpg


そのうちの一台から,この嵐などお構いなしの,

いえ,この嵐でテンションが上がった少年が車外に飛び出し,

お父さんを引き連れて灯台の方へと走っていきました。

これだ,僕が忘れているのは,これなのかもしれない…

そんなことを思いながらも,やっぱり実行には移さず。

この日は波照間島に渡る予定だったので,そのまま石垣港へ直行。

けれど,波照間島に船を出している海運会社3社のうち,2社が悪天候のため欠航。

波照間島の宿をキャンセルして,石垣島で宿をとらなければならないか,と思ったけれど,

残りの1社が運行を決定!

a0100913_10244147.jpg


やった,波照間島に行けるぞ!という喜びもつかの間,

うねる大波が上下するジェットコースターのような揺れを演出し,船酔いとの闘いを迫られる。

顔から血の気が引くのを感じながら,目を閉じて,必死で無心になろうとする。

これは己の精神との闘いだ。

だめだ,と思ったら,だめだ。

波を見ちゃいけない。時間を気にしちゃ行けない。先を気にしちゃ,いけない。

「今」を乗り越えるのみ。

もう,自分のことしか考えられていませんでした…

渡航時間が予定より30分オーバーするほどの荒波に耐え,ホテルにたどり着いたときにはもうぐったり。

それでも夕方にはほとんど回復し,島を散策。

日本最南端の郵便局を見つけたり。

a0100913_10325662.jpg


島の居酒屋で晩ごはんを食べたり。

a0100913_10332515.jpg


そして,次の日が晴れることを祈りながら,眠りに就いたのでした。
[PR]

by coperfeels | 2010-08-14 10:33 | 石垣島旅行

Summer Trip DAY 1 - Ishigaki -

3週間前に思い立ったが吉日で決めた石垣島旅行。

台風4号の接近もお構いなしに,羽田から那覇経由で石垣島へ。

当然のことながら現地は雨だったけれど,この日は宿に泊まるだけだからとりあえずOK!

オリックスレンタカーで貸してくれた車は,マツダの赤いデミオ。

自分が赤い車を運転することに違和感を覚えながらも,なんだかテンション上昇!

カーナビで目的の宿を検索してアクセルを踏み込む。

この時までカーナビを使ったことが一度も無く,

「曲がり角の目印となる建物を地図で確認」しておかないと不安だった僕は,

はじめカーナビの案内に頼ることに若干の不安を覚えていました。

けれど,使い慣れるとなんと便利なことか!

だって,な~んも考えなくていいんだもの!

そんな感じでサクッと宿に着いて,夜は沖縄料理と泡盛を楽しんで,1日目が終わったのでした。
[PR]

by coperfeels | 2010-08-14 09:47 | 石垣島旅行

to the Blue Island

これから石垣島に行ってきま~~す!!

…って,台風来てるやんけ!!!

まあいいや,

雨が降ろうが槍が降ろうが,朝から晩までナンチャラ…って言うしね!!

さあ,出発までの2時間,ギターの練習でもしますか。




[PR]

by coperfeels | 2010-08-09 07:53 | 石垣島旅行