Coper


One for all
by coperfeels
フォロー中のブログ
Grass*Hopper
日々淡々   
リンク
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:和歌山県再興( 1 )


和歌山の未来はどこにある!? ~第一回~

和歌山県を愛する者として,
いまひとつパッとしない故郷を魅力ある県にしたいと,
常日頃考えているのであります。

…機は熟しました。
ここで,和歌山県の再興策を真剣に考えてみようと思います。

■ ① 和歌山県民として考える,和歌山県の魅力
・みかんが有名
・梅干が有名
・備長炭が有名
・海も山もあり,自然が豊か
・高野山や熊野古道などの世界遺産がある
・白浜に綺麗なビーチがある
・白浜温泉,龍神温泉などの温泉がある
・円月島,三段壁,千畳敷などの景勝地がある
・マグロの水揚高が日本一
・捕鯨の文化がある
・醤油発祥の地がある
・和歌山ラーメンが有名
・パンダの数が日本で最も多い「南紀白浜アドベンチャーワールド」がある
・世界に認められた継ぎ目なしニットを作る,島精機製作所がある
・関西の中心地,大阪に隣接している
・陸奥宗光,南方熊楠,松下幸之助などの有名人を輩出している

■ ② 県外の人から見た,和歌山県の印象
・みかん
・梅
・農業をしてそうなイメージ
・山
・高野山
・ラーメン
・特に行きたい場所が無い(観光地が無いイメージ)

■ ③ ①が本当に魅力となりえるのか,客観的に検証する
・みかんが有名…★★(可能性あり)
 知名度では愛媛みかんに劣る。
 有田みかんは流通しているにもかかわらず,有田=和歌山と認知されていない。
 和歌山産のジョインジュースは,農協を通してしか購入できず(できなかったはず),
 流通が限られている。

・梅干が有名…★★★
 これは文句なしに有名。梅干といえば紀州,というイメージが全国的に広がっている。
 若い女性に人気の梅酒は,魅力的な商品といえる。

・備長炭が有名…★(可能性あり)
 備長炭自体に良いイメージを持っている人が多いにもかかわらず,
 備長炭=和歌山と認知されていない。

・海も山もあり,自然が豊か…★
 日本は島国。海に面している県は多い。内陸に入ると,ほぼ山。
 つまり,海も山もある県は多い。

・高野山や熊野古道などの世界遺産がある…★(可能性あり)
 「世界遺産」というラベルは魅力として高そうでいて,低い。
 高野山や熊野古道で,具体的に何が見られるのか,いまいちわからない。
 
・白浜に綺麗なビーチがある…★(近畿圏の人には多少の魅力はあるかもしれない)
 沖縄に負ける。

・白浜温泉,龍神温泉などの温泉がある…★
 県外の人はほとんど知らない。
 県外にも,有名な温泉はたくさんあるので,特にこれらの温泉を選ぶ理由がない。

・円月島,三段壁,千畳敷などの景勝地がある…★
 円月島以外は,どこにでもありそうな感じがする。
 特に,和歌山県まで行って見ようとは思わない。

・マグロの水揚高が日本一…★(可能性あり)
 県外の人はほとんど知らない。県内の人でも知らない人が多いかもしれない。
 水揚げの「量」の多さと,「うまさ」の評価は別物。
 マグロは,青森県の大間のマグロが有名。

・捕鯨の文化がある…★(魅力にするのは世界情勢的に難しい)
 捕鯨=和歌山のイメージがない。
 クジラを殺す=悪いことをしている,みたいなイメージがあって,印象があまり良くない。

・醤油発祥の地がある…★(可能性あり)
 知らない人がほとんど。
 関東の人は,「醤油といえば千葉」というイメージを持っている。

・和歌山ラーメンが有名…★
 登場した頃は,流行に乗る感じで「食べてみたい」と思う人は多かった。
 ブームが去った今,それほど魅力があるとはいえない。

・パンダの数が日本で最も多い「南紀白浜アドベンチャーワールド」がある…★
 パンダを見るなら,東京都の上野動物園でも見られる。
 「動物がいる中をバスで進む」的な見せ方は,静岡県の富士サファリパークにもある。

・世界に認められた継ぎ目なしニットを作る,島精機製作所がある…★(可能性あり)
 すごいことだけれど,一般観光客を呼び寄せる魅力ではない。
 ファッションデザイナーに認められていることをきっかけとして,
 服飾産業の関連工場を県内に造り,和歌山の中心産業としてはどうか。

・関西の中心地,大阪に隣接している…★(可能性あり)
 直接の魅力ではない。
 たとえば,関東の人が大阪に旅行に行ったときに,京都や奈良には寄ってみようと思うが,
 和歌山に寄ってみようとは思わない。どこに行ったらいいか,わからない。
 このような現状だが,中心地に隣接していること自体は,発展の可能性になり得る。

・陸奥宗光,南方熊楠,松下幸之助などの有名人を輩出している…★
 直接の魅力ではない。
 有名人ゆかりの場所に行ってみようという人は稀である。


【第一回のまとめ】
和歌山県の魅力の中で,県外の人に伝わっているのは,
みかん,梅,高野山,ラーメンだけのようである。
上手くアピールできていない,または,アピールそのものをしていないために,
認知されていない特産が多いのも事実だ。
備長炭,醤油,マグロなど,上手くブランド化し,アピールすれば伸びそうな素材はありそうだ。

県外の人の意見の中でも,
「特に行きたい場所が無い(観光地が無いイメージ)」という意見が,
和歌山県のパッとしない現状を如実に表している。
「大阪に行ったときに,京都や奈良には寄ろうと思うけれど,和歌山には寄ろうとは思わない」。
この意見は,高野山や熊野古道が,和歌山の歴史的魅力としてそれほど大きく貢献していないことを表している。
たとえそれらの世界遺産が歴史的に価値のあるものだとしても,
和歌山県の町並み全体が歴史を感じられるようなものではないから,どうしても魅力は低くなる。
そのほかの景勝地や観光施設もあるにはあるが,和歌山に行って見たいほどのものではない。

私の一つの結論として,
和歌山県の未来は,「観光地として多くの人を引き寄せる」よりも,
「特産物をブランド化し,流通を拡大することで産業を発展させる」ことにあると思う。
[PR]

by coperfeels | 2011-02-20 22:53 | 和歌山県再興