Coper


One for all
by coperfeels
フォロー中のブログ
Grass*Hopper
日々淡々   
リンク
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧


年の瀬

町は静かだけれど,
マンション,アパート,一戸建て…
それぞれの家の中では,あわただしく年を越える準備をしているんだろうな。

今日,新横浜13:06発の「のぞみ349号」に乗って,故郷に帰ります。
和歌山の静かな山里へ。

2009年は,仕事上の変化や,それに伴う影響が多々ありました。
2010年は,私的生活の変化を予感しています。

来年のテーマを漢字一字で表すと,

「紡」

つむぐ。

さて,残りわずかな2009年ですが,今年もお世話になりました。
みなさま,健康で良い年をお迎えになることを,お祈りしています。
[PR]

by coperfeels | 2009-12-30 08:26 | できごと

ヅラのようだ

指先でつまんで,下に引っ張ると,
目の下まで届く僕の前髪。

でも,くせ毛だから,
眉毛にかかるかかからないかのところで,後方にカーブしていて,
視界は良好です。

ただ,すべての…ただでさえ量の多い髪の毛がこの調子だから,
下に伸びる分の髪の毛が頭に留まっているような状態で,
もう,モッサリしてしまっています。

ヅラのようです。

高密度なこの髪に,空気感は感じられません。
エアリーなんとかが,うらやましい。
いっそのこと,この髪を,
空気さえ入り込む余地のない「バキュームヘアー」と名付けましょう。

そして,
ターバンで巻いてしまいましょう。
[PR]

by coperfeels | 2009-12-28 20:35 | できごと

12/30の帰省に向けて

服以外に,何を持って帰省しようかなぁ。
本と,楽器かな。
本は,2冊くらいがちょうどいいかも。

1冊目は,kaiさんが紹介してくださった,
「コスモスの影にはいつも誰かが隠れている」。
この本,心にとても沁みます。
何の音もしない,山の中にある静かなあの実家で読んだら,
忘れられない読書体験になりそうな気がします。

2冊目は…何にしようかな。
「逝きし世の面影」?
「菊と刀」?
「一枝の桜」?
「影響力の武器」?
…決められず。

楽器は,オカリナとブルースハープ。
オカリナは,「コンドルが飛んでいく」を忘れないように,吹くため。
ブルースハープは,ゆずのサヨナラバスを吹けるようになるため。

持っていく物は,これくらいかな。
身軽に帰れそうです。

たぶん,お正月休みは,
おせち料理を食べて,
朝から日本酒を飲んで,昼も飲んで,晩も飲んで(実家では普段晩酌だけだけど,正月は特別なのです),
家族と話して,
寝る,
の繰り返しになると思います。
幸せ~!
その合間,一人の時間に本を読んだり,楽器を弾いたり。

もうすぐですね。
楽しみです。
[PR]

by coperfeels | 2009-12-27 21:17 | 考えるテーマ

2009年 最後の日曜日

今年のアート関連の見納めとして,
横浜美術館で開催されている「束芋-断面の世代」を観に行きました。
彼女の映像作品は,
江戸川乱歩を彷彿とさせるような,
ねっとりとした怪奇さを漂わせています。
その世界観に浸りながら,
江戸川乱歩や筋肉少女帯が好きな学生時代の友達のことを思い浮かべていました。

そうそう,
筋肉少女帯のベストアルバム「大車輪」を借りていて,
学生時代によく聴いた曲たちを,聴き返しています。
その中に「いくじなし」という曲があるのですが,
この曲,やっぱりいつ聴いても最高です。
若干半狂乱な感じで始まる大槻ケンヂのボーカルと,
歌と言うよりも,ラジオドラマと言ったほうがふさわしい語り。
この物語,人間の本質をあぶりだしていると思います!
YouTubeに音源がアップされていたので,どうぞ。

歌詞は,こちら
カラオケで歌いたい…。

あと,クイーンのベストアルバム「JEWELS」を借りて聴きました。
ブックレットにはメンバーのプロフィールが書かれていました。
本名,生年月日,出身地,髪の色,目の色,趣味…
それを読みながら,これ,今考えている物語の人物設定に使えるぞ,なんて思いました。
彼らのハーモニアスなメロディも,とても心地良かったです。
当たり前かもしれないけれど,
ボーカルのフレディー・マーキュリーの歌がめっちゃ上手…リズミカルで,伸びがあって。
繊細な感性を持った彼だからこそ,心に響く歌詞やメロディが生まれたんだろうなぁと思いました。

こういう音楽に触れると,自分もやってみたくなるのが性。
ギターを抱えて,今覚えている4曲を,繰り返し,繰り返し,弾きながら歌いました。

こんな,休日でした。
[PR]

by coperfeels | 2009-12-27 20:58 | できごと

今朝のできごと

オールナイト明けの若者3人が,

朝の牛丼屋にやってきました。

そのうちの一人が,つゆだくを注文して,

しばらくすると,牛丼が運ばれてきました。

どうやら,つゆの量がよほど多かったらしく,

彼はこう言いました。

「これ,つゆだくじゃないじゃん,

 おかゆじゃん!」
[PR]

by coperfeels | 2009-12-26 23:34 | できごと

O-souji

終わりました!

「めざまし土曜日」を見ながらはじめた大掃除ですが,
「にじいろジーン」が終わる頃にはほぼ終わりました。

じゅうたんの掃除機がけ,
洗濯,
台所の掃除,
お風呂場の掃除,
トイレの掃除,
窓拭き,
ベランダの掃除,
革靴の手入れ。

足りなくなった日用品も買い揃えて,
これで気持ちよく年を越せそうです。

そういえば,
「にじいろジーン」にタージンが出ていて,
懐かしい気持ちになりました。

30日には帰省するので,
実家で見るテレビ番組でもタージンを見れるかもしれません。
[PR]

by coperfeels | 2009-12-26 14:09 | できごと

手紙

僕は,その人に出会って,
誠実であることの本当の意味を知り,
哀しみ向き合うことの大切さを知った。

その人は,僕に出会って,
人を信じられるようになった,と言ってくれた。

お互い,感じやすい分,
心のガードがほかの人よりも厚い。
だから,人との摩擦を極力避けて生きてきた。
けれど,お互い信じられる人に出会って,
そんなガードを剥ぎ取って,本音で向き合う努力をしてきた。

「宝物の三年半」

それは,僕も同じです。

あなたが,僕と向き合ってくれたおかげです。

ようやく,心の背筋を伸ばして,人と向き合えるような気がします。
[PR]

by coperfeels | 2009-12-23 10:00 | できごと

方言を出さないこと

僕は,故郷の和歌山県が大好きです。
でも,こちら(関東)では,和歌山弁を使いません。
こういうことを故郷の友達に話すと,必ず「え~っ!!」と非難されます。

でも,昨日のお昼時,同期が,
僕が方言を出さないでいる姿勢に好感を持っていると,言ってくれました。
その同期も地方出身なのですが,共感してくれて,とても嬉しかったです。

「郷に入れば郷に従え」です。
なぜならば,それが自然なことだからです。
そうすることで,故郷を思う気持ちがなくなろうはずは,ありません。
僕から見ると,こちら(関東)に来て和歌山弁を話し続ける方が,不自然に思えます。

「和歌山弁を話す/話さない」と,「故郷を思う気持ちが強い/弱い」は,
一切関係ないと思っています。

それは例えば,
「英語を話す/話さない」が,「人間的に優れている/そうでない」と無関係であることと同じです。
どんな言語を使うか,よりも,何を話すか,の方が本質的ですから。

いろいろ書きましたが,それでも,
日本国政府が言語統一のために和歌山弁を廃絶に追い込もうとしたら,
全力で抵抗します。

だって,和歌山県が大好きなのですから。
[PR]

by coperfeels | 2009-12-23 09:30 | できごと

にらみ

上りエスカレーターに乗っていて,

ふと上を見上げたら,

反対側の下りエスカレーターに乗っている男の人と目が合って,

その人が,

僕をにらんでいることに気が付きました。

長くて太めの眉が,
力強い眼光の,
その目じりまでをぐぐっと捉えていて,

いいにらみ方だな,と思いました。

にらまれているのに,不快感を覚えない,
むしろ,魅力すら感じる,そのにらみ方。

薄ら笑いを浮かべながら,
いやらしい目元でガンをタレてくるヤツなんかより,
よっぽどいい。

僕も,この先にらみをきかすようなシチュエーションがあるかわからないけれど,
彼のようなにらみ方ができるようになりたいな,と思いました。
[PR]

by coperfeels | 2009-12-23 09:23 | できごと

Fashion Illustration File

この本には,
50音順に国内外のイラストレーターが載っています。
全員で288人。
288の新しいイラストに出会えることが純粋に楽しいですし,
イラストの勉強ができることも嬉しいです。

基本的に,人物のイラストがメインなので,
人物画に興味を持つ自分としては,見ていておもしろいです。
ああ,こんな表現もあるのか,という発見の連続です。

お気に入りのイラストレーターが見つかったら,
彼らのホームページを覗いてみようと思います。

そして,自分ももっと,
イラストを描いていこうと思います。
[PR]

by coperfeels | 2009-12-23 09:08 | イラスト