Coper


One for all
by coperfeels
フォロー中のブログ
Grass*Hopper
日々淡々   
リンク
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 01月 ( 40 )   > この月の画像一覧


刮目せよ!!

僕は,ユースケ・サンタマリアのウソっぽい振る舞いが大好きです。
中でも,彼が「平成教育委員会」で放つ,

「刮目せよ!!」

というセリフがツボにはまっています。
ふだん絶対使わないし,大げさな言葉なんだけど,
だからこそ,使ってみたい。
どうでもいいことに,使ってみたい。

これに関係して,ほかにも使ってみたい言葉が一つあります。
最近,禅の本を読んで,「解脱」という言葉を知りました。
意味は,「悩みや迷いなど煩悩の束縛から解き放たれて,自由の境地に到達すること」らしいです。
それを,俗っぽい話で盛り上がっているときに,言ってみたいです。

「解脱!!」って。
俺が先に抜け出したぞ!って。

でも,「ゲダツ」って言葉を聞いて,ピンと来る人っていなさそう…
そういう点でも,
ユースケ・サンタマリアの「刮目せよ!!」はレベル高いと思います。
[PR]

by coperfeels | 2010-01-31 22:35 | ふと思ったこと

新書ブームが起こりそう…

「もう,そんなに本を読みたいと思わない」
とか書いておきながら,
新書ブームが起こりそうです。自分の中で。

今も,そんなに本を読みたいと思わないという気持ちは変わらないのですが,
最近先輩が福岡伸一さんの次の新書を貸してくださり,大いに知的好奇心を刺激されました。
・生物と無生物のあいだ
・世界は分けてもわからない
こういう刺激ならいっぱい欲しい!と思いました。

で,さっそく,一冊の新書を買いました。

「ロスチャイルド家」 講談社現代新書

以前から,「ロスチャイルド家」に興味がありました。
ヨーロッパの政治を金融面から動かし,実質,世界を牛耳っているユダヤ系の財閥。
世界史における大きな出来事の裏には,必ずと言っていいほどロスチャイルド家の動きがある。
そんなことを誰かが言っていたのを,思い出しました。

金融関係の本を読むと,だいたいこの財閥の名前が出てくるんですよね。
なので,知っておきたいなと。

こういう感じで,これからは新書コーナーに足を運ぶ回数が多くなりそうです。
[PR]

by coperfeels | 2010-01-31 22:21 |

ゆっくりごはんを食べる

最近,ゆっくりごはんを食べるようになりました。

ひとつひとつの料理,

ひとつひとつの食材を,

よく噛んで,よく味わって食べる。

なぜそうするようになったかと言うと,

ある本で見つけた次のようなフレーズに影響されたからです。

「腹八分目と言いますが,
 腹七分目の料理を,よく噛んで食べることで,満腹感を得られますし,健康にも良いのです」

ああ,なるほど,と思いました。

僕は高校生の頃から大食いで,食べるスピードもかなり速い方でしたが,

そろそろ時間の速度を緩めようと思います。

そっちの方が良い気がするので。

生活の中で,部分的に時間の速度を緩める。

これを,ちょっと意識してやっていこうかなと思っています。

一人で歩くときのスピードも緩めてみようかなと思うのですが,

なかなかできないですね…

スタコラサッサと歩いてしまいます。
[PR]

by coperfeels | 2010-01-31 22:10 | 考えるテーマ

2010 手帳

社会人になってから1度も使うことがなかった手帳。

でも今年は,ちょっと違いそうなので,

今日,2010年の手帳を買いました!

ワクワク。

a0100913_21575295.jpg

[PR]

by coperfeels | 2010-01-31 21:57 | できごと

禅問答とコント

禅に興味を持ち始めてはや数ヶ月,
先輩が,いい本を紹介してくれました。

「無門関」と「臨済録」です。

『禅に興味を持たなかったら,絶対読まない本』だそうです。
さっそく読んでみると,難しいんだろうなぁという当初の予想を裏切り,
なんだかコントに思えてきてニヤニヤしてしまいました。
禅は本来,悟りの境地に至るきっかけとなるものなのに,
それをコントとして楽しんでしまって,ごめんなさい。
悟りの境地にほど遠い不届き者の戯言と思って,広い御心でお許しください。

■ 無門関

名前がカッコイイ。
硬派な漢の部屋にあると,なおさらカッコイイ。
内容は,禅問答。

・エピソード1
ある禅師が,庵室の主人の所に行って,「おい,しっかり生きてるかい?」と訊いた。
そしたら,主人が拳を上げた。
禅師は,「こんな浅いところに舟を泊めるわけにはいかん」と言って,そそくさと去ってしまった。
その禅師が,別の庵室の主人の所に行って,「おい,しっかり生きてるかい?」と訊いた。
そしたら,その主人も拳を上げた。
禅師は,「与えたり奪ったり,殺したり活かしたり,何と自由なことじゃないか」と,その主人に頭を下げた。
この違いは何か!?

わからん!!!!

・エピソード2
ある和尚は,毎日自分に向かって「おい主人公」と呼びかけ,「はい,はい」と自分で応えるのであった。
「しっかりしなされや」と言っては,「はい」と応え,
「どんな時も他人にだまされてはなりませんぞ」と言っては,「はい,はい」と応えるのであった。
この和尚はいったい何がしたいのか!?

わからん!!!!

・エピソード3
ある和尚は,門人たちが一匹の猫のことでトラブルを起こしていたので,
その猫をつまみあげて,こう言った。
「お前たち,何とか言ってみろ。うまく言えたら,この猫を救ってやるが,
 それができなければ,この猫を斬り捨てるぞ」
門人たちは何も言うことができなかったので,和尚は猫を斬り捨ててしまった。
あとになって,和尚がこの話を高弟にしたところ,
その高弟は,ぞうりを頭に載せたまま,部屋を出て行ってしまった。
和尚は,「お前があの場にいてくれたなら,文句なしに猫を救えたものを」と言った。
さて,高弟がぞうりを頭に載せた意味は何か!?



わ,わからん!!!!


■ 臨済録

臨済宗の開祖である,臨済の言行録。
かなりアツイ本。
一度読み始めると,シュールなコントの世界に引きずり込まれたかのような気持ちになります。

・エピソード1
僧が,師に質問した。
「仏法において肝要なことは何ですか?」
師は,すかさず一喝した。
僧は,師を拝んだ。
師は,「この坊さん,結構わしの相手になれるわい」と言った。
別の僧が,師に質問した。
「あなたは一体誰の教えを受け継がれたのですか?」
師は,「わしは〇〇禅師のところで,三度質問して,三度打たれた」と答えた。
僧は,ここでもたついた。
師は,すかさず一喝し,追い打ちで棒をくらわし,言った。
「虚空に釘を打つような真似をするな」

…。

・エピソード2
僧が,師に質問した。
「仏法において肝要なことは何ですか?」
師は,一喝した。
僧は,師を拝んだ。
師は,問うた。「お前,今のわしの喝は,いい喝だったと思うのか?」
僧は,答えた。「山賊は,ぼろ負けだ」
師は,問うた。「その敗因は,どこにある?」
僧は,答えた。「二度と賊をはたらいてはならぬぞ」
師は,すかさず一喝した。

…なんやこのやりとりは…。

・エピソード3
僧が,師に質問した。
「仏法において肝要なことは何ですか?」
師は,煩悩を払う法具を手に持った。
僧は,一喝した。
師は,その法具で僧を打った。
別の僧が,師に質問した。
「仏法において肝要なことは何ですか?」
師はまた,煩悩を払う法具を手に持った。
僧は,一喝した。
師も,一喝した。
僧が,もたついた。
師は,すぐさま僧を打った。
そのあとで,師は,言った。
「諸君,法のために修行する者は,身命を惜しんではならぬ。
 わしは20年間,〇〇禅師のところにいたとき,三度質問して三度打たれた。
 もう一度ああいう経験をしたいものだ。誰か,わしのために打ってくれる者はいないか?」
一人の僧が,「私はやれます」と進み出てきた。
師は,棒を僧に渡そうとした。
僧が受け取ろうとすると,
師は,すかさず僧を打った。

…「仏」よりも「武」を感じる…。


こんな感じで,
つっこみを入れながら読み進めています。
[PR]

by coperfeels | 2010-01-26 23:34 |

ピアス

親しくしている友達がピアスを開けたのを見ると,

「かわいいね」って素直に喜べません。

なんだか,悲しい。

オシャレでそうしているのは,わかっているけれど,

オシャレではごまかせないものが,そこにあります。

自分の身体を傷つけることだから。

痛みのことを,気にしているのではありません。

痛みに対する恐怖心は,その気になれば捨て去ることができます。

でも…自分の身体を傷つけることは,両親に申し訳ない。

両親にもらった身体を傷つけることは,

両親を傷つけることと同じだから。

そんなことは,したくない。

その気持ちを大切にしないで,オシャレとすりかえてしまっているところが,悲しい。

僕は同年代の中でも精神的にかなり古い人間だから,

その感覚が理解できないだけかもしれないけれど。

時代の流れだからという理由でいろんなことがうやむやにされていくのを見るたびに,

おばあちゃんがよく話してくれた,

「時代は変わっても,人間が生きる道は変わらん」という言葉が,

頭をよぎります。
[PR]

by coperfeels | 2010-01-25 23:20 | できごと

どうするか!?

僕は自分の写真を1枚も持っていません。

先日,この春に結婚する友人から,
ゲスト紹介で使うために写真を送ってほしいと連絡があったのですが,
送れる写真が1枚も無いのであります。

なので,近々別の友人に会ったときに,
撮ってもらおうかなぁと思っている次第であります。
でもなんか…こっぱずかしいなぁ。
どんなポーズをとればえぇもんか。

いつの頃からか,「笑顔でピース」ができなくなりました。
なんだか,しらじらしく感じてしまって。
そこまで気分が浮くことが無いから,
友達に合わせて「笑顔でピース」なんかすると,
本心とは不一致な行動をしている自分に,引いてしまうわけです。
でもまぁ,周りがやってたら,自分だけ何もしないのもアレかなぁと思うので,
ステレオタイプ的にやりますけどね。
…困ったな。
いっそのこと,「孫悟空の構え」とかにしようかな。
それなら,いける気がする。
いや,やっぱりダメか。

まあ,それはなんとかするとして,
もし,自分の結婚式で,「わたしのこれまでの経歴」みたいなを紹介するようなことになったら,
たぶん,高校生以降の写真が一切無いから,
「空白の10年」みたいなことになりそうな気がします。

そしたらもう,その部分は,
「紆余曲折を経て…」というテロップを出したあとに,
今の写真を出すしかないですね。
…若干詐欺っぽいけれど。
または,自分でイラストを描いて説明する。
高校生まで写真なのに,「ここからは気まぐれでイラスト!」みたいに。
でも…そこまでして人に説明できることなんて無いな。

いっそのこと,「19XX年,和歌山に生まれる」のあとは,
「20XX年,結婚!!」みたいに,
観客をざわつかせるような演出にしようかな。
いや,やっぱりダメか。

…そのときは,素直に,友達に写真の提供をお願いしよう!

よろしくお願いします。
[PR]

by coperfeels | 2010-01-25 04:51 | 考えるテーマ

Wedding Osaka

というわけで,今日は大阪へ行ってきます。

大学時代,同じ学科だった同期の,披露宴があります。

ほんと久しぶりに会うなぁ。

楽しみ。

一泊するので,旅行カバンにいろいろつめこみました。

今夜は,同じ部屋に泊まる友達と夜の梅田へ繰り出して,

へべれけに祝い酔おうと思っています。
[PR]

by coperfeels | 2010-01-23 09:36 | できごと

違うんだよなぁ…

楽譜を見ると,
右手で2つの弦だけを弾くように読めるんだけど,
プロモとかライブ映像を見ると,
確実に右手で6つの弦をかき鳴らしているんだなぁ。

でもそれを実際にやってみると,
左手で押さえていない1~3弦もかき鳴らしてしまって,
変な音になってしまう。

あれ,どうやってるんだろ…

よくわからんです。

でも,夢中です。
[PR]

by coperfeels | 2010-01-21 22:50 | 音楽

胸をキューンとさせながら,ねた

そうそう,昨日の夜,

先輩が貸してくれた絵本を眠る前に読んだんだけど,

その物語がせつないラブストーリーで,

胸がキューンとなってどうしようもなかったから…

どうしようもなかったから,

ねた。

胸をキューンとさせながら,ねたよ。
[PR]

by coperfeels | 2010-01-21 22:15 |