Coper


One for all
by coperfeels
フォロー中のブログ
Grass*Hopper
日々淡々   
リンク
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


第二回 渡米決定

また米国に行ってきます!
期間は12/4~12/12。
ムービーのシナリオ3案を顧客に提示して,1つに決めてもらう予定です。

渡米に先立って,
携帯電話を国際通話対応のものに機種変更し,
自由に電話やメールができるようにしました。

ただ,出発が12/4なのが苦しいところ。
その日は,同期で10月&11月生まれの人を祝う会兼クリスマス会をするんだけど,
主賓のわたくしは大荷物で参加し,
1~2時間ほど参加したら,すぐに羽田空港に向かわねばなりません。
そして,24:05の便でフライト。

あわただしいですな。

帰国したら,現地での様子を報告します!
[PR]

by coperfeels | 2010-11-30 20:37 | できごと

勤労感謝の日に近況を綴ってみる

勤労感謝の今日11月23日。
皆様,いかがお過ごしでしょうか。

あと1週間も経てば12月になりますが,きっと,
「いつかのメリークリスマス」を少なくとも1回は聴きたくなるんでしょうね。

では,近況を。

■ 本
こんな本を読んでいます。
・ 「リアリズム絵画入門」 … ホキ美術館で見た絵画の影響
・ 「デザインの生態学」 … 10月末に退社した先輩の影響
・ 「池上彰の学べるニュース」 … 自分の興味
・ 「天と地の守り人」 … 先輩のオススメシリーズの最終巻
・ 「百歳日記」 … 尊敬するまど・みちおさんの新書

■ カメラ
RicohのCX4で,風景や人物を撮っています。
夜景に強いのが嬉しいでございます。
風景や人物がミニチュアに見える,あの撮り方もできるらしいので,
いろいろ試してみようと思います。

■ バンド
今週末に「ダニー・ゴー」初合わせ。
歌詞,似たようなフレーズが多いから忘れそうだけれど,
どうなってもひたすら進むべし。
楽しみ!

■ 仕事
ムービーのシナリオを作成するために,
ひたすら,情報の整理と提案を繰り返しています。
情報設計の鍛錬。
12月に1週間~2週間の渡米の話が出ているけれど,未決の状態。
たぶん,1週間前くらいになってようやく決まるんだろうな。
でも大丈夫,やってみせるぜ!
[PR]

by coperfeels | 2010-11-23 17:16 | できごと

Ricoh CX4

新しいデジカメを買います。

Ricoh CX4

今まで使っていたEXILIMがうまく動作しなくなったので,
12月米国に2週間出張する前に,買っておこうと決めたのであります。
[PR]

by coperfeels | 2010-11-14 19:43 | できごと

Fika Room

最近,鶴ヶ峰に小さなカフェがオープンしました。

Fika Room

西友の裏の道沿いにできたこのカフェは,
ホワイト&ブラウンを基調とした,落ち着いた雰囲気です。

ランチセットは,
メインディッシュ+スープ+デザート+コーヒーで,1000円。

僕が注文したメインディッシュは,
ふっくらジューシーなパティを白いバンズではさんだハンバーガーに,
厚切りポテトと数種類の葉物野菜が添えられていました。

にんじんをベースとしたスープや,
チョコが練りこまれたスポンジにかぼちゃムースが載ったデザートも,
おいしかったです。

今回はランチセットを注文しましたが,単品でも,
海鮮と野菜のパスタなど,おいしそうな料理がいろいろあるようでした。

また,行ってみたいと思います。
[PR]

by coperfeels | 2010-11-14 17:05 | お店紹介

ズーラシア

よこはま動物園ズーラシアへ行ってきました!

動物園へ行くのは,十数年ぶりのことです。

これまで,動物園の動物達はかわいそうだ,という考えもあって,
動物園から距離を置いていました。
でも,結局は何もできない自分が,そんな考えを持っていても中途半端なだけなので,
動物を観ることを楽しむという,原点に立ち戻りました。

行ってみると,やっぱり楽しかったです。

いろんな動物がいる。
それを観るだけで,楽しい。

家族連れの人たちがたくさんいる。
子どもたちの感想が聞こえてくるのも,楽しい。

そんないろいろを見ながら話すのが,
楽しい。

そうそう,嬉しかったできごとをピンポイントで書きますが,
イワシャコという鳥と言葉を交わすことができました。

その檻の中には3種類の鳥がいて,
僕は鳥の気を引こうと,適当に口笛を吹いて鳥の鳴きまねをしていました。
特に反応がなかったのですが,ハトの鳴き声に変えたとき,
イワシャコがこっちを向いて,近寄ってきたのです。
ヨチヨチと近寄ってきて,顔をこっちに向けて,鳴く。
もしかしたら,と思って,何度もハトの鳴き声を出してみると,
そのたびに,しきりに顔をこっちに向けて,何度も鳴く。
口笛に切り替えると,反応しない。
ハトの鳴き声に切り替えると,顔を檻の前に近づけて,何度も鳴く。

意志疎通とまではいかないけれど,
奇跡的に共通言語を見つけ出せたことが嬉しかったです。

あと,スズメ。

彼らは飼われているわけではないけれど,
どこからか飛んできて,
檻の網目をすりぬけて入ってきては,
中のエサをチョンチョンついばんでいる。
メインの鳥におかまいなく,
ひたすらエサをついばんでいる。

僕は思う。

スズメは,かわいい。

そして,したたかだ。
[PR]

by coperfeels | 2010-11-14 11:15 | できごと

ホキ美術館

先週の土曜日,
千葉県千葉市にあるホキ美術館に行ってきました。
11/3に開館したばかりのこの美術館は,
日本初の写実絵画専門の美術館です。


写実絵画。


僕は,絵画におけるあらゆるジャンルの中で,
写実絵画がいちばん好きで,憧れを抱いています。

現実世界を,正確に,厳密に,
紙という2次元の世界にそのまま再構築する,
途方もない労力を要する絵画ですが,
現実世界をただひたすらに見つめながら筆を運び,
濃密な時間を経て完成された作品には,
画家の魂が築き上げた空間が息づいていて,
「存在」そのものを感じます。

究極の絵画。

そんな写実絵画は特大の驚きに満ちていて,
胸をドキドキさせてくれること間違いなしです。

ぜひ,足を運んで,実物を目の前にしてみてください!
[PR]

by coperfeels | 2010-11-09 00:00 | できごと

山男,サンフランシスコに行って帰ってくる!

a0100913_135213.jpg


サンフランシスコから羽田に向かう,
JAL国際線の記念すべき第一便に乗って帰って参りました!
時差ボケは一切ございません!

現地で働いている日本の方々は,
みんな,優しくて,フランクで,抜群に頭が良くて,何より,心身ともにタフで,
ほんと,かっこいい人たちばかりでした。
ああいう姿が,仕事人としての理想だなと思いました。

そんな環境で1週間働き,米国と日本,両方の顧客と実りある仕事ができました。
企画をつめてきたので,こちらで具体的な作業に入れそうです。

さて,仕事の話はこれくらいにして,
初めて経験した米国での生活の中で,おもしろかったことを報告します。


■ 電気のつけ方がわからない!
■ 「お~い お茶」の意味を知る
■ ベーコン,パスタ,スシ
■ 夢のハンバーガー
■ エアロスミスで日本を思い出す
■ 車の停め方が信じられない
■ 小銭がよくわからない
■ コール・ミー・ヒロ
 

   ***

■ 電気のつけ方がわからない!
ホテルの部屋に入ってから,10分程度戸惑いました。
日本では,カードキーをホルダーに差し込んだら,自動的に部屋のメイン照明がつくものです。
そういうシステムでなくても,メイン照明のスイッチが入り口付近にあるものです。
でも,どこにもない!
というか,メイン照明が天井にない!
どうやら,デスクライト,スタンドライト,ベッド際のライトをそれぞれつけることで,
部屋を明るくしなければならないようです。
それならば…と,ライトのスイッチを探しましたが,どこにあるかわからない!
いや,僕の目はそれを捉えていましたが,すぐにはスイッチだと気づきませんでした。
a0100913_14522768.jpg

スイッチというと,シーソー形のものを思い浮かべますが,そこにあったのはネジ形。
右に回すと,ついたり消えたりする仕組みです。
左に回しても,何も起こりません。
これになかなか気づかず,これは困ったゾ…と,部屋をうろうろしておりました。

■ 「お~い お茶」の意味を知る
ホテルの向いに,日本のスーパーがありました。
売り物が日本のスーパーとほぼ同じなので,初心者には安心のお店です。
そこで買った,「お~い お茶」。
a0100913_14534156.jpg

日本のものと,二つの違いがありました。
一つは,お茶の色。
緑ではなく,茶色。緑茶,というより,ほうじ茶のような色です。味は同じです。
もう一つは,ラベル。
基本的なデザインは同じですが,海外向けなので,もちろん,英語表記があります。
それをしげしげと眺めていると,「お~い お茶」の意味が目に飛び込んできました。
…「お~い お茶」の英語表記が「Tea Please!」。
つまり,「お~い お茶」の「お~い」は,「お茶を持ってきてくれ~!」の「お~い」だったのです。
「お~い お茶(を持ってきてくれ~!)」だったわけです。
これを目からウロコと呼ばずして,何と呼びましょう。

■ ベーコン,パスタ,スシ
ベーコンは,カリカリでした。食べにくかったです。やわらかい方が好みです。
パスタは,どこの店でも麺を茹ですぎていて,ぶちぶちちぎれる感じでした。
これは,欧米人が麺を「すする」という行為ができないからではないかと,みんなで話し合いました。
スシは,カリフォルニアロールという,この地域独特のものを食べました。おいしかったです。
a0100913_1454629.jpg

いっしょについてきた刺身のツマは,日本では千切り大根が一般ですが,こちらではレタスでした。
新鮮でした。
そうそう,アメリカではどの料理も一人分の量が多いですが,これは,
「お客様に出す食べ物を切らしてしまうことは,恥ずべきことだ」という精神があるからだそうです。
客としては,8割り食べて,2割り残すのでちょうど良く,食べきってしまうと,次々足されるようです。
基本的に,「食べ物が残る」仕組みなんですね。
食料が有り余るアメリカだからこそできることですが,MOTTAINAIですね。

■ 夢のハンバーガー
アメリカでビッグなハンバーガーを食べる,というのが,長年の夢でした。
その夢が,やっと叶いました!!
お昼時に入ったお店では,バンズの間に挟む具を選ぶことができました。
ベーコン,アボガド,チーズ,きのこ,たまねぎ…
僕は,全部挟んでやろうと思って,注文のときに一つ一つ言いました。
するとウェイターのおじさんが,「All ?」と訊いてきたので,
「Yes, all !!」と笑顔でこたえました。
出てきたハンバーガーが,これ。
a0100913_14461793.jpg

これが,僕の夢だったのです!
ポテトは,2個分くらいあるんじゃねぇかってほどの量!
もちろん,残さず,全部食べましたよ!!

■ エアロスミスで日本を思い出す
ホテルと会社の行き帰りは,現地で働いている日本人担当者の方が車で送り迎えしてくれました。
日本では,車よりも公共交通機関の方が安全という認識がありますが,
アメリカの公共交通機関は様々な人々がたむろっていて危険な匂いがプンプンするので,
車の方が安全なのだそうです。
さて,その車の中ではFMラジオが流れていました。
早口のDJが何を言っているかは全くわかりませんでしたが,流れてくる曲は,いくつかわかりました。
そんな中,流れてきたエアロスミスの「I don't want to miss a thing」。
映画「アルマゲドン」のテーマソングにもなっています。
この曲を本場アメリカで聴いているのに,なぜか,
エアロスミスをよく聴いていた日本の風景が,ありありと脳内に浮かび,不思議な気持ちになりました。

■ 車の停め方が信じられない
車関連でもう一つ。
サンフランシスコは坂の多い町で,
勾配がテーマパークのアトラクションに匹敵するのではないかと思うほど,急です。
そんな街中を車で走っているときに見つけた風景が,これです。
a0100913_14192443.jpg

そこに停めるか…!しかも,そんな停め方で…!
いったい,どうやって停めたのかわかりません。
安全に出られるのでしょうか?
一同,この風景にあれやこれやと疑問を投げかけていました。

■ 小銭がよくわからない
アメリカの硬貨には,25¢,10¢,5¢,1¢があります。
金額が大きいほど硬貨も大きい,というのならわかりやすいのですが,
なぜか,10¢が5¢よりも小さい!
5¢に穴が開いているわけでもないから,わかりづらい!
わかりづらいから,小銭を使いづらい!
使いづらいから,残る!
残っても,硬貨は日本円に換金できない!
困る!!

■ コール・ミー・ヒロ
海外の顧客に自己紹介をするとき,フルネームを伝えてから,
プリーズ・コール・ミー・ヒロ,と必ず付け加えていました。
その方が呼びやすく,また,覚えてもらいやすいからです。
ある時,先輩が僕を,マーケティング部門の部長クラスの女性に紹介してくれました。
「彼が,以前作ったムービーの絵コンテやイラストを担当したのです」と。
その女性は,ムービーを気に入ってくれていたようで,
「Oh, hiro ! You are my hero !」と,笑顔で握手してくれました。
そうきたか,と思いながらも,嬉しくて,笑顔で手を握り返しました。


こんな感じで,いろんなことに出会った1週間でした。
ほかにも,巨大なショッピングモールや,PIXARのアニメスタジオ,
フィッシャーマンズワーフや,ゴールデンゲートブリッジなどにも連れて行っていただきました。



今度は,仕事ではなく,観光で海外に行きたです!!
[PR]

by coperfeels | 2010-11-01 14:39 | できごと