人気ブログランキング |

Coper

フォロー中のブログ
リンク
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧


音楽YouTube - IDLEWILD -

大好きなブリティッシュ・ロックバンド,
IDLEWILDの良い音楽を聴いてね。

***American English***
歌詞・メロディともに最高です。


***El Capitan***
ピアノがマッチした名曲。


***Live in a hiding place***
静かで,メロディーラインが心地良い曲。


by coperfeels | 2008-08-28 00:13 | 動画

音楽YouTube - 秦基博 -

秦基博の良い曲を聴いてね。

***鱗***
めっちゃ気持ちの良い曲です。


***シンクロ***
さわやかですなぁ。


***僕らをつなぐもの***
しっとりバラードです。


by coperfeels | 2008-08-28 00:04 | 動画

音楽YouTube - レミオロメン -

レミオロメンの良い曲をどうぞ。

***茜空***
ギターの音色と雰囲気が好き。


***リズム***
このメロディーラインが大好きです。


***Wonderful & Beautiful***
曲全体の雰囲気がたまりません。


by coperfeels | 2008-08-27 23:56 | 動画

お笑いYouTube

これ見てくつろいでね。
僕の好きなお笑い芸人,オードリーとナイツのネタです。

***オードリー***


***ナイツ***


by coperfeels | 2008-08-27 23:31 | 動画

やりたいことメモ

やりたいことメモっとこ。

・日本未来科学館へ行く。

・風鈴の製作を体験する。

・鎌倉へ手ぬぐいを買いに行く。

・「デトロイト・メタル・シティ」を観る。

・おもしろい誕生日プレセントをチョイスする。

・画材を買って展覧会に出品する絵を描き始める。

・絵(人物)の勉強をする。

・「冒険野郎 田辺マサトシ!」の続きを描く。

・「女神転生Ⅲノクターンマニアクス」をプレイする。

今のところはこんなとこかな。

by coperfeels | 2008-08-26 23:20 | ふと思ったこと

手ぬぐい

僕の絵の先生が頭にバンダナを巻いているのに倣って,

絵を描くときは,

頭に手ぬぐいを巻こうと思います。

手ぬぐい is my style.

なので,この週末,鎌倉の手ぬぐい専門店,

「nugoo」へお気に入りの手ぬぐいを買いに出かけます。

和の色に染まった手ぬぐいを頭に巻いて,絵を描く。

なんか,いい感じやね。

1年後の展覧会に向けて,創作を始めよう。

by coperfeels | 2008-08-26 23:04 | ふと思ったこと

惰眠

僕は惰眠が好きです。

眠るでもなく,起きるでもなく,

ベッドの上でむにゃむにゃしている至福のひとときが,

好きなのです。

なので,意図的に惰眠の時間を作ることがあります。

例えば,AM 6:30に起きなければならないときは,

AM 5:30に一度起きて,AM 6:30までむにゃむにゃやるわけです。

その中で,身体を伸ばしたり,縮めたり,

その日のことを考えたり,別なことを考えたりしていると,

AM 6:30には頭も身体もスッキリしています。

惰眠を貪ったのだから,十分寝ただろう,という理屈で,

脳が満足するみたいです。

by coperfeels | 2008-08-25 23:42 | ふと思ったこと

高野山

高野山って,関東じゃあんまり有名じゃ無いのかね!?

同期に話すと,

「高野山ってどこだったっけ?」 とか,

「高野山(たかのやま)?」 とか,

世界遺産にふさわしくないリアクションが帰ってきて驚きました。

さすがに周りの年配の方はご存知だったけれどね。

もっと高らかに,朗らかに,高野山をアピールせなあかんなぁ!

by coperfeels | 2008-08-25 23:33 | ふと思ったこと

こころ

この夏,「こころ」を読みました。

3回目です。

1冊の本を何回も読むことはめったに無いんだけれど,

この本は,自分にとって特別のようです。

(自分を含め)人間全体を信用していない「先生」と,

道を究めるためにひたすら突き進む「K」という二人の人物。

「どうしてそうなってしまったか」という,状況の推移や心情の揺れが,

なんとも興味深い作品です。

簡単にまとめを。

----------------------------------------------------------------
■「先生」と「私」の出会い
浜辺で「先生」が落とした眼鏡を「私」が拾ったことがきっかけとなり,
「先生」と「私」の付き合いが始まる。
「私」が「先生」を「先生」と呼ぶ理由は,
単に,「私」が年上の人を「先生」と呼ぶから。

■「先生」について
財産家の息子。
無職。
親の遺産で何とか過ごしている。
遺産相続に当たって,いちばん信頼していた叔父に裏切られ,
他人を信用できなくなる。疑い深くなる。
唯一信用できるのは自分だけだったが,
「K」との事件を経て,自分自身をも信用できなくなる。
「お嬢さん」を妻に迎えるが,その生活には常に「K」の影がつきまとう。
「私」と出会い,「私」にだけはすべてを打ち明けることを決意する。

■「私」について
学生。
休暇中に「先生」と出会う。
郷里の父親が腎臓病を患っており,
見舞いのために帰省しているときに,「先生」からの手紙が届く。

■「K」について
真宗の住職の息子。
医者の養子となる。
その医者は,「K」を医者にさせるつもりで東京に送り出したが,
「K」は医者になるつもりなど無く,
仏教の道を究めるべく,自分のやりたい勉強をする。
それが問題となり,勘当される。
仕送りを止められ,苦しい生活をしているときに,「先生」から手を差し伸べられる。

■「K」事件
「先生」と「K」は,下宿先の「お嬢さん」を好きになってしまう。
「先生」は,「お嬢さん」の一挙手一投足がいちいち気にかかる。
その意味をいろいろ考えてしまう。
「お嬢さんはKに気があるのではないか」と疑う。
そのうち,「K」から,
「お嬢さんに恋愛感情を持ってしまったが,
道を究めることと相容れないその気持ちをどうすればいいか迷っている」
という旨の相談を受ける。
「K」に対して,
「普段から,道を究めるのに恋愛などしている場合ではないと言っているのに,
どういうつもりなのか。恋愛感情をなくす覚悟はあるのか」という旨のことを言うと,
「K」は,「覚悟ならないこともない」と言う。
「先生」は,「K」に気持ちを打ち明けられ,「先を越された」と思う。
その場で,自分も「お嬢さん」のことが好きだと言えばよかったのに,
言えないまま時が過ぎる。
このままでは,一度物事を決めたら突き進む「K」に「お嬢さん」をとられると思い,
仮病を使って,「K」がいない間に,「お嬢さん」との結婚の話を進めてしまう。
「先生」は「K」に対してすまない気持ちを抱えていて,
正直な気持ちを「K」に打ち明けようとしたが,その前に…
「K」は自らの命を絶ってしまう。
----------------------------------------------------------------

かなり省略していますが,こんなところかな。

by coperfeels | 2008-08-24 22:03 |

夏のおもいで

夏休みも今日で終わり。

充実した今年の夏休みの記録を残しておきます。

■京都
学生時代に在籍した「絵画部」のメンバーに会うために,
一路京都へ。
待ち合わせ時間よりも2時間ほど早く着いたため,
当初から予定していた観光に繰り出しました。
a0100913_19415857.jpg

柳に風。
a0100913_19421552.jpg

柳に川。

「信三郎帆布」で本麻のかばんを買って,
祇園周辺を散策。
a0100913_1944283.jpg

京の長屋の風情。

絵画部のメンバーに会って,夕食を食べた後はホテルへ。
大部屋にみんなで集まって,お酒を呑みながら話して,
まるで合宿のようでした。

次の日は昼頃まで寝て,午後はみんなで京都観光。
八坂神社と知恩院を散策しました。
a0100913_19504038.jpg

懐かしい八坂神社。
a0100913_19512348.jpg

夏を感じる境内。
a0100913_19515749.jpg

揺れる柳。
a0100913_19522333.jpg

生命力あふれる木々。
a0100913_19531124.jpg

坂本竜馬像と,中岡慎太郎像。
a0100913_19534754.jpg

柳と,その下の人物(Tくん)が描く曲線がなんとも言えません。

八坂神社で,僕は生まれてはじめておみくじを引きました。
しかも,恋愛おみくじ(笑)。
大吉だったので,思わず声を上げて喜びました(らしくねぇ…)。
友人は,絵馬に真剣な願いを書いていました。

a0100913_19564258.jpg

知恩院の門。
a0100913_19571144.jpg

切り取られた風景。
a0100913_19573916.jpg

遠い昔からの佇まい。

観光が終わって,
みんな,それぞれの時間に,
それぞれの場所へと帰っていったのでした。

■大阪
友人に会って,沖縄料理の店で飲みました。
いろいろと話をした後で,僕は,その友人に絵本をプレゼントしました。
大学3年の頃から書き始めていた絵本です。
今までいろんなものをもらっているから,
その絵本だけでは全然十分じゃないけれど,
何かお返しがしたいと考えて,プレゼントしました。
絵本を読み終わった友人が,嬉しい言葉を掛けてくれたので本望です。

■和歌山
実家ではゆっくりと過ごさせてもらいました。
小説をよんだり,絵の勉強をしたりと,充実した時間を過ごしました。

学生時代,僕にデッサンと水彩画を教えてくださった先生に会いました。
東急インの9Fにあるレストランで,
先生や絵画部の後輩と一緒に,食事をとりました。
絵画部の部員数が増え,活発に活動しているみたいなので,安心しました。
後輩が嬉しい言葉を掛けてくれて,心の力になりました。
先生は,個展を開いたり,画集を出版したりと,
相変わらず精力的に活動されていました。
僕は記念に先生の画集を購入しました。
来年の秋に,先生の生徒の展覧会が開催されるとの事なので,
僕も何か作品を出品しようと思います。

横浜に帰る前日,友人と一日中遊びました。
朝から,高野山に向かいました。
a0100913_2075414.jpg

奥の院。
a0100913_2081250.jpg

涼やかな風に吹かれて,静かで贅沢な時間を過ごす。
a0100913_2091920.jpg

金剛峰寺の入り口。
a0100913_2094589.jpg

金剛峰寺の中。
a0100913_2010858.jpg

大門。
a0100913_20102613.jpg

高野山名物,ごまどうふ。

高野山を下りて,目指すは大学。
研究室で,学生時代にお世話になった先生に会いました。
先生は変わりなくお元気な様子でした。
研究室の雰囲気も相変わらずでした。
ただ,「学生時代のことが昨日のことのように」は思えませんでした。
かなりの時間の隔たりを感じ,懐かしい気持ちがこみ上げてきました。
a0100913_20213378.jpg

オッス,オラM野!

大学を後にしてメッサオークワに立ち寄り,
カラーズで夕食を食べたあと,
シダックスで歌いまくりました。
友人は相変わらずのうまさで,グイグイ引っ張っていってくれました。
僕もB'zを中心に,秦基博やアジカン,RADWINPSなどを歌いました。
3時間後,年末の再会を約束して,お互い帰路につきました。

■再び,横浜へ
地元の駅から天王寺まで,母と一緒でした。
母は,僕にとって母方の祖母の家に帰省するので,
途中まで一緒に行くことにしたのです。
母と二人でゆっくり話をすることはなかなか無いので,
久しぶりにいろいろ話せました。
なんか,「東京タワー」みたいな気持ちになりました。

以上,夏のおもいででした☆

by coperfeels | 2008-08-24 20:34 | 写真