Coper


One for all
by coperfeels
フォロー中のブログ
リンク
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 03月 ( 47 )   > この月の画像一覧


ホームズ,いっきま~す!!

a0100913_22385790.jpg
a0100913_22391354.jpg

[PR]

by coperfeels | 2010-03-31 22:39 |

小さい書店から大きい書店に向かう途中,何かが失われる

小さい書店で見つけて,目をつけた数冊の本を,

あとで大きい本屋で買えばいいやと思って,

いざ大きい本屋に行ってみると,

買えないことが多いようですね。

あいにくその本が置いてなかったり,

なぜか探し出せなかったり。

そのとき見つけて,そのとき気になったものは,

そのとき手にとって,そのとき買うのが,

いちばんいい流れみたいですね。
[PR]

by coperfeels | 2010-03-31 22:02 | ふと思ったこと

遅ればせながら

英語を身につけま~す!

やる気になったきっかけは二つ。
私用で午前半休を取り,あまった時間にふらりと立ち寄った本屋でのできごと。

①「外国語の一つくらい話せないと」
日本語教師の金田一秀穂さんの著書に書いてあったフレーズ。
「一つくらい」というところがポイント。
なるほど,そうだよね,一つくらい話せてもいいよね,って気持ちになりました。
「語学してやるぜ,ゴガク!!」というミーハー心も多分にあります。

②Google日本法人社長(63歳)の英語勉強法…!
「村上式シンプル英語勉強法」 村上憲郎著 ダイヤモンド社
著者が信頼できる。シンプル最高。何より,この本が薄いのが良い。
たしか,誰かが,「本は薄ければ薄いほど良い。それだけ内容が凝縮されている証だ」と言っていました。
この本がまさにそれ。
読んでみて,やってやろうというモチベーションが上がりました。本好きは特にそうなるかも。

さて,これから具体的にやることは。

■ 英語の探偵小説を5~10冊読む。
訳文なしの,英語オンリーの小説。
探偵小説は会話が多いからいいらしいね。
後戻りせず,ひたすら読み進める。
たぶん,内容をほとんど把握できないだろう!
でも,ぼんやりとわかる程度でOK。ひたすら読むのである。ただ,ひたすら。
10冊目に到達するころは…英文の小説を読むのが楽しくなっているだろう!
そしたら,しめたものさ!

■ 「絵で見る英語」シリーズで,英語の感覚を磨く。
単語を覚えるのがメイン。これも英語オンリー。
でも,絵があるから,感覚的にわかる。
この,「感覚的に」ってところが,けっこう大事かも。
そうそう,単語を覚えるには,「英単語ピーナツほどおいしいものはない 」って本がかなり良いらしいです。
今度見てみようっと。

やるならとことんやりたいので,
部屋の机に並んでいる本や,ベッドの枕元にある本を,
いったん整理して,全部英語オンリーの本に差し替えたいくらい。

リスニングとか英会話もしなきゃと思うんだけど,
まずはいちばんやりやすいところからはじめます。
[PR]

by coperfeels | 2010-03-31 00:58 | できごと

ラグビーボール

ほしいな,と思っています。

部屋に。

両手に持ったときの感触とか,

パスをするときの手首のスナップとか,

スクリューをかけるときの手の位置とか,

その重みを,

久しぶりに感じてみたいです。

何をするでもなく,ポーン,ポーン,ポーン,ってね。

買うなら,

コンバートか,セプターがいいかな。
[PR]

by coperfeels | 2010-03-30 00:06 | できごと

友人語録 #30

あれをあーして,こーして…
[PR]

by coperfeels | 2010-03-30 00:05 | 友人語録

友人語録 #29

神様はすべての人間に三大欲求を与えたのに,

どうして,

それを満たす機会を平等に与えなかったのか!!
[PR]

by coperfeels | 2010-03-30 00:04 | 友人語録

ほうれん草と舞茸のソテー ~季節の菜の花を添えて~

ごめんなさい!

ごめんなさい!

名前だけです!

そんな名前をつけてみたかっただけです!

実際は,ほうれん草と舞茸を炒めて,菜の花を塩もみして添えただけです。

あっさりしたもんでございます。

a0100913_20535291.jpg


自炊復活第一弾としては,こんなもんでございます。

ネタが切れるまでは,レシピ本等見ずに作ろうと思っておりますので,

何ができるか,楽しみにしていただけたら幸いでございます。
[PR]

by coperfeels | 2010-03-28 20:56 | 料理

引く・抜く・押す

歌を習っている先輩が,

歌い方には「引く・抜く・押す」の3種類があることを教えてくれた。

そして,課題曲が鬼束ちひろの曲になったことも教えてくれた。

僕は鬼束の歌が好きなので,若干テンションがあがり,

彼女の歌は確実に「押す」ですよね,と先輩に訊いた。



彼女の歌は,「引く」なんだって。



先輩がそう答えた瞬間,ゾクッとした。

あの圧倒的な声量。

その裏で実は「引き」つづけている彼女の姿を想像したら,

それはもう,彼女の生き方に通じる一種の哲学にも思えた。

ちなみに,平井堅の高音は,「抜く」なんだって。

…確かに。
[PR]

by coperfeels | 2010-03-27 22:18 | 音楽

あだ名

先輩がはじめて僕をあだ名で呼んでくれた。

嬉しかった。

でも,そのあだ名が,

今ではもう会わなくなった友達が僕を呼ぶときに使うあだ名と全く同じだったから,

ドキッとした。

そのあだ名で呼ぶのは,一人だけだと思っていた。

何の関係も共通点も無い二人に,同じあだ名で呼ばれたことが,不思議だった。





…共通点は,一つだけあった。

同じ県の出身ということ。

その県では,僕と同じ名字の人はだいたい,きまってそんなふうに呼ばれるのだろうか。

いや,それよりも,二人のキャラクターが関係しているように思う。





人との接し方とか,

人間的な魅力とか。
[PR]

by coperfeels | 2010-03-27 22:05 | できごと

物理的に足りないのですよ,確実に

子どもの頃から貧血ぎみ。
あっかんべーをしたときの下まぶたの裏が,
白いんですから,確実ですよ。

酒を呑んでも顔が赤くならないのは,
酒に強いからじゃなくて,貧血ぎみだから。

松岡修造並みの情熱のオーラが出ないのは,
冷めているからじゃなくて,貧血ぎみだから。

僕が大食いなのは,
血の循環エネルギーが乏しい分を,
食べ物の消費エネルギーでまかなっているから。

ちがうか。

以前,心の中のわずかな慈善心が動いて,
珍しく献血をしたときのこと。
「あなた,良い体格してるから」という理由だけで,
200mlでお願いした僕から400mlも採血し,
くらっときている僕を見て,
「気持ちの問題よ」と言って笑ったおばさんがいたけれど,

あれは確実に…

物理的な問題だった!

た,足りなく,なっていたのだ…!



…今日は,健康診断で,採血しました。

注射は痛いからキライです。
[PR]

by coperfeels | 2010-03-26 00:17 | できごと